作業現場で履く長靴の匂い

作業現場で履く長靴の匂い

 

建設関係の仕事で勤務をしているのですが、普段は内勤で事務処理などを担当しています。

 

月に数回は現場に出向いて現状を視察しているのですが、現場には欠かせないアイテムとして足を保護する為の長靴を履く事がありました。

 

足元は土砂が多いですし、雨が降れば泥まみれになってしまいますので、必ず履かなければいけません。

 

勤務が終わり夜に友人達と料亭で食事をすることになったのですが、座敷ですので当然の如く靴を脱いで畳の上に座る事になりました。

 

皆でお酒を飲んで騒いでいたのですが、酔ってしまった友人が私の足に目を付けて何やら面白おかしく言い出したのです。

 

仕事で汚れてしまった靴下に目を付けて汚いと言い出し、白地に変な迷彩柄で汚いと笑いながらネタにしていました。

 

おまけに臭いと言い出し靴下を脱がせようとしたのですが、自分では信じられずに冗談で言っているのだと思っていたのです。

 

その後トイレに行くと抜け出して靴下の匂いを嗅いでみたのですが、何とも言えない匂いが鼻に付いてしまい自分でも酷い匂いだと気が付きました。

 

匂いの原因は長靴に染み込んだ匂いが靴下と足に付着をしてしまい、出先では対処をする事が出来ませんでした。

 

大勢の方が履いている長靴なので汗も当然の如く染み込んでいましたし、使用をした後も洗う事も無く自然に置いている状態でしたので匂って当然です。

 

その後は自分専用の長靴を購入して使用をしましたが、使う度に洗浄をして足に匂いが移らないように心がけました。

 

不特定の方が使用をする長靴、シューズを履いた場合には足の匂いに大いに関係をしてくると思います。

 

 

会議中には靴を脱がないで

会議中には靴を脱がないで

 

暑い季節が近づいてくると体も汗をかきますが、靴の中も結構汗をかいていることを知らない男性の方々がいらっしゃいます。

 

男性の足元を見ていると、「どう考えても靴はこの1足の革靴しか持っていないよな、この人」という人も少なからずいらっしゃいます。

 

若い方、おしゃれな方、そしてきっと奥さんがいろいろと世話を焼いているんだろうなと思われるような方は、同じような黒の革靴でも、昨日とは違う靴だなと気付きます。

 

ですが、そういう方は少なくて、どちらかというとほぼ1足もしくは多くても2足くらいの靴を毎日履いているのではないかと思うんです。

 

真夏の冷房が効いているときではなくて、ちょうど窓を開けなくてもいいくらいのほどよい季節の頃の午後。

 

狭い会議室での会議、そして暖房の季節の同様の会議室で、そういう人との会議は最悪です。

 

男性よりも女性の方が体感温度が低いのか、女性に合わせて室内温度がちょうどよい季節であっても、少し汗かきの方にとっては少し暑いらしく、会議室のテーブルの下で靴を脱いでいるわけです。

 

そのような会議室で会議をしていると、なにやらぷーんとくさいにおいが漂っているなと感じて、こっそりテーブルの下をのぞくと、案の定、向かいに座った男性が靴を脱いで足をごそごそと動かしています。

 

そうなってしまうと、靴のなかの酸っぱい感じのにおい、靴下のにおい、その両方のにおいが強烈で会議どころではありません。

 

当の本人は気づいているのかいないのかわかりませんが、まったく平気な顔をしています。

 

においに敏感だからかもしれませんけど、勘弁してほしいです。

 

身だしなみに気を遣うときには、足元にも気を使い、靴は最低でも2足もって、1日交代に履いて、履かない日には風を通しておくとか、何か工夫をしていただきたいと願います。

 

靴下は毎日消臭交換のい洗剤できちんと洗い、乾燥してから履いていただきたいと思います。

 

 

トップページ⇒クリアネオお試し通販!女性のワキガ対策におすすめのクリーム