お金をかけないで足の臭いを減らす方法とは?

お金をかけないで足の臭い対策

 

足の臭いに悩む人は多いです。
しかし、フットケア商品をあれこれ買い揃えるのはお金がかかります。
そこで、お金をかけずに解決するにはどうしたら良いのか、お金をかけない足の臭い対策を紹介します。

 

1つ目の対策は「靴をこまめに脱いで足を乾かすこと」です。

 

職場でオフィス用サンダルやシューズに履き替えるのも一つの方法ですが、どうしても靴を脱ぐ機会が持てなかったり、指定の靴以外は禁止という場所の場合は足の汗や湿気がを放出するチャンスを作ってあげます。
足の臭いを作り出すのは靴の中の蒸れた環境によって雑菌が増えることなので、こまめに脱いで足を乾かすことで蒸れた空気を逃がして、臭いを作る原因を減らします。
休憩中に靴を脱ぐといった方法も有効です。

 

2つ目の対策は「足の洗い方を見直すこと」です。

 

普段身体を洗う際にボディーソープや石鹸を使っていますが、洗う順番の傾向として首や肩など上半身から先に洗い、段々と下に下がっていく順番で行う人が多いです。
上半身はしっかりと泡立てて洗えても、下に下がっていくにつれて泡もへたってきて、足に到達した頃には泡も少なくなり、洗う力も減っています。
そういった状態で足を洗ってもしっかりと臭いや汚れは落とせません。

 

そこで、身体の洗い方を見直すことです。

 

足以外部分を洗い終えたら、ボディタオルやスポンジを洗って石鹸やボディーソープを付け直し、足だけを集中的に洗います。
足の臭いが発生する指と指の間や足の爪は特に念入りに洗います。
手の指を使い丁寧に洗います。

 

 

自他ともに認める程に足が臭いです…

足のニオイに悩む女性

 

私は女性ですが、中学生の頃から、自他ともに認める程に足が臭いです…。

 

自宅では兄弟にいつも「足臭い!」と言われていましたが、へこむ性格ではなく、相手の鼻に足を押し付けたりしていました。

 

中学校で修学旅行に行った時、私が寝転がっているベッドに、友達がごろんっと私の足元に転がってきた瞬間、「くさ!!!」と叫ばれ、それまで足が臭いことがバレていなかった友達にも知られてしまいました。

 

が、私の性格上、開き直り、事あるごとに足の臭さを公言していました。

 

通学バスで目の前にいた男子に「足臭いんだって?」と言われる始末です。

 

思春期ということもあり、一時期は気にして、消臭スプレーを持ち歩いたりはしていましたが、こまめにケアできる性格でもなく、気にしないようになりました。

 

大学生になって、ふと母に「爪先まで洗ってる?」と聞かれました。

 

確かに洗っていない、、、足なんて落ちた泡でいいやって思ってたもので、、、。

 

以来、爪先まで洗っています。
それでも旦那に足臭いと言われますが、そこは今でも鼻に足を押し付けて反撃。

 

足の臭さとうまく付き合っています。

 

9ヶ月の息子が大きくなって学校で「かあちゃんの足臭いんだぜ!」と言いふらす前に、対策を考えなくては、と思っています。

 

臭いから…と引っ込むこともできるし、臭いよ!!とアイデンティティにすることもできます。

 

もちろん改善できるにこしたことはないですが。

 

体臭とは、付き合い方の問題!臭くても楽しく生きてます。

 

 

トップページ⇒クリアネオお試し通販!女性のワキガ対策におすすめのクリーム